読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脇見恐怖症の引きこもりがハンドメイド作家に☆

十数年、脇見恐怖症と共に歩んできた人生。「脇見恐怖症」とはどんな症状なのか興味を持っていただけたらと思い綴っていきます。

わきみんになってから・・・徐々に深まる闇。

わきみんになって苦しんだこと

f:id:l-sham9:20170129153828p:plain

 

 

こんにちは。

脇見恐怖症と付き合いながら、ハンドメイド作家をしているしゃむです。

 

今日は、体調が良くないのでお話暗くなるかもしれません(笑)

暗さに引き込まれそうだったら読むの途中でやめてくださいね。

大丈夫そうな方はお付き合いいただけると嬉しいです。

 

 

わきみんと十数年付き合っているのですが、このブログを書くために色々思い出しながら書いてると・・・やっぱり暗くなるんですね。

 

嫌な記憶を思い出そうとする時って、

いつもは見ないようにしている心の中のもやーっとした重たい部分を探って、記憶のかけらを引っ張り出す作業。

その引っ張り出した物を思い返すと、全身に回ると言うか重い空気が自分を包んでいく感覚。

 

 

負のパワーに侵食されてる(笑)

 

 

 

 

あの時はこんなだったなとか。

 

 

 

わきみんになった当初は、特定の人物のみに発症していたと思います。

 

いつからだろう。

全ての人の視線や目や顔が怖くなったのは。

 

1つのきっかけから始まって、自分自身で見つけてしまうんですよね。

 

こういうときに人の顔が見えるんだと。

 

今までは何も気にせず過ごせていたのに。

 

1度気付いてしまった場面は、脇見をしないと言う事が難しくなる。

 

人のトラウマとは恐ろしいものです。

自分を守るための防御反応で自身も傷つけてしまう。

 

何より、脇見で人を不快にさせてしまうのが一番悲しいし、申し訳ないです。

 

 

 

人が居るところはどうしたって顔も見えるし目も合う。それが当たり前。

 

 

 

なのに、自分自身で行動範囲を狭めてしまう。

 

「映画は見たいけど、脇見しちゃうんだよなぁ」やめとこう。

 

「お買い物行きたいけど、混んでるかな。脇見発症しやしくなるかも」うーん。

 

なんて感じでね。

 

行かなくなったところはいっぱいです。

 

脇見なんか気にならない!!ってぐらい人が居ても熱中できる何かに出会えてないだけかな?

 

ロック好きだからライブとかなら大丈夫かな・・・。

 

 

みんな何かしら悩んだり、戦ってますよね!

 

私も前向きに生きたいと思いながら、脇見を発症する苦痛と戦ってます。

 

 

 

 

 

わきみんで苦しむ人がこれ以上増えませんように!

 

 

今日はこの辺で。

 

良い夜を!