読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脇見恐怖症の引きこもりがハンドメイド作家に☆

十数年、脇見恐怖症と共に歩んできた人生。「脇見恐怖症」とはどんな症状なのか興味を持っていただけたらと思い綴っていきます。

言い方1つで変わる事。言葉にはそれだけの重みがあると思う話。

f:id:l-sham9:20170220165116p:plain

 

 

 

こんにちは。

脇見恐怖症と付き合いながらハンドメイド作家をしてるしゃむです。

 

以前も書かせていただきましたが、わきみんになってから「その人の立場になって考える。」ようになりました。

 

 

人の痛みに敏感になった分、色々考えてしまうのかもしれませんね。

 

私は悪い事だとは思わないのですが、考えすぎて身動きが取れなくなる事もあるのが難しいところ。

 

 

ハンドメイドのお仕事でもお客様とのやり取りの中で「言い方」には気を使います。

お互いに買って良かった!作って良かった!と思えるようにしたいので。

 

人それぞれ、気持ちの伝え方や言い方があると思うのですが・・・。

 

ここからは私の勝手な持論ですよ(笑)

 

結論から言うと

 

「自分の言った言葉は、いずれ自分に返ってくる」です。

 

友人や家族が落ち込んでいて励ました時も、

自分の体調が悪くて、つい人に八つ当たりしてしまった時もそうです。

 

 

自分の母がよく暴言を吐くんですが(笑)、反論すると倍返しで怒り出すのでイラっとしても言い返さないようにしてるんですね。(悟り)

 

 

ふと母の行動を見てると、けっこう怪我するんですよ。転んで流血したり、包丁で手を切ったり。

注意力散漫なだけかもしれませんが・・・。

 

子供ながらに、自分の言った言葉は(別の形でも)自分に返ってくるのかな?と感じたんです。

 

人に暴言を吐いたり、悪口を言ったら違う形で痛みとして返ってきてる。

 

もし、その人のためと思って助言した場合でも「怒る」じゃなく「冷静に伝える」事もできるはず。

 

怒られたらそれはそれで嫌な記憶として残りますが・・。

 

何気なくポロっと言ってしまったとしても、悪意をもって言ったとしても、発言したことに変わりないので。

 

因果応報なのかなと。

 

 

私は何かイラっとする言葉を言われた時、その場はスルーして、

心の中で

「大丈夫。私に暴言を吐いたあの人にも同じだけ苦しみがやってくる」

と思ってます(笑)

(しゃむさんネクラだね!)

 

 

なかなか難しい事ですが、誰にでも穏やかに優しく接する人になりたいなと思ってます。

 

平和が一番。

 

 

強い心を持てる人にはなりたいですが、人を思いやる気持ちは忘れたくないなと思ったしゃむでした。

 

それでは今日はこの辺で。

 

良い夜を!